ubuntu18.04とwindows10のデュアルブートについての質

Writer: admin Type: ballsarmy Date: 2018-12-25 00:00
ubuntu18.04とwindows10のデュアルブートについての質問です。いくつかのサイトで調べるとubuntuのインストール時に「それ以外」という項目を選択する画面があるのですが、私がやってみたところそのような画面は表示されずに最後(インストールのボタンがあるところ)まで来てしまいました。このまま、インストールしてもいいのでしょうか?共感した0###「それ以外」というのは、インストールウィザードの途中で、パーティション構成を自動で行いたいのか、手動で行いたいのかを決めるために必ず表示されると思いますよ?また、Ubuntuのアップグレード時、特にWin10の大型アップデート時に、Ubuntuが起動しなくなる等の不具合が発生する可能性が大きいので、デュアルブートはおすすめしません。一台のPCで両方のOSを使いたい場合は、外付けドライブかUSBメモリ等にUbuntuをインストールしてUSBブートさせたほうがいいですね。ナイス0
###正確な状況はわかりませんがWindowsとの共存を選択する画面が無いなら1.Windowsが入っていない2.Windowsが入っているHDDでは無い媒体を対象としているのどちらかの可能性が高いと思います。Windowsのインストーラーは、他のOSとの共存を前提としていないので基本則として、どちらを先にインストールするかにおいてはWindowsが先にならざるを得ません。また、デュアルブート構成で運用している状態でWindowsのリカバリーや再インストールが必要になった場合それを行なうことによって、Linux系OSの起動の仕組みが破壊され余計な手間にかかるなどの問題があり仮想化技術やデュアルコアCPUや大量のメモリーが一般化することでデュアルブートは、普通は行わない特殊な運用になっています。両方のOSのブートや管理の仕組みを理解していないとにっちもさっちもいかないトラブルを自分で構築する恐れがあります。ナイス0

 

TAG